自分が何をしている人なのか知ってもらうために

あなたの仕事を分かってもらおうとしたら、どのようにお知らせしますか?

女性はカフェ、エステサロン、カウンセリング、ネイル、料理教室、ファッションアドバイスなど自分の知識や技術をもとに起業する方が多いです。
これらサービス業では、商品が「形のないもの」。
「体験したらわかってもらえるんだけど。。。」とは言うものの、中身が分からないと体験もしてもらえません。

形のない商品を扱うサービス業の方は、自分の仕事内容を理解してもらえるツールは用意していますか?
あなたが何をしている人なのか、どのような技術を持っているのか、相手に分かってもらうには見える化することが大切です。

自分の仕事を見える化するために、効果的な方法をご紹介します。

動画を活用

セミナー講師で活躍されている方は、セミナーの一部を動画で公開すると雰囲気が伝わり分かりやすくなります。
女性は講師が実際に動く様子、話す様子に触れると安心されますし、親近感を持たれます。
家庭用のビデオカメラでも良いので、セミナーの様子や商品説明を録画してYouTubeなどの動画公開サイトで紹介してみましょう。

私もこちらのインタビュー動画を見て興味を持って下さる方が増えました。

 

作品をフォトブックにまとめる

最近は、安価でフォトブックを作ることができます。
カフェメニューやネイルの作品集、セミナーの様子などフォトブックにまとめておくと、お客様がイメージをつかみやすくなります。
特に女性の場合は、目に見える形で紹介することはとっても効果的です。

 

電子書籍で配布する

広くたくさんの人に知ってもらうには、電子書籍の活用も効果的です。
Amazon Kindleで出版する場合、初期費用などは一切かかりません。
無料キャンペーン制度を活用して無料配布することも可能です。

私は2015年4月にライフワークで幸せ起業術~女性起業家10名のしなやかな生き方という電子書籍を出版しました。
5日間の無料キャンペーンで825名に配布することが出来、わくらくへの問い合わせも増えました。

電子書籍は、自分の思いや作品を書籍の形にまとめますので、自分の頭を整理する機会にもなります。
Amazonを通じて、世界各地に瞬時に届けることが出来るのも魅力です。

低コストでスピーディーに情報を伝えることができる電子書籍は、これから有力なプロモーション手段になります。
活用するなら今のうちです。

自分が何をしている人なのかを知ってもらうには、まず目に見える形にすること。
「話を聞いてもらったら分かる」というスタンスでは、自分の魅力を十分に伝えることはできません。

フォトブックや電子書籍など、すぐに活用できるツールを使って、自分のことを分かりやすくまとめてみましょうね。

わくらくでは、出版まで徹底サポートするわくらく出版事業部もあります。
題材の見つけ方から、内容のまとめ方、文章の書き方、プロモーションまで幅広くサポートしますので気軽に相談下さい。

「わくらくってどんなところ?」と、ご興味を持たれている方

まずは入会説明会にお越しください。

TEL / 06-6264-5030(受付時間:平日9:00〜18:00)