説明しているのに予約に繋がらないという方、説明とクロージングは違います

交流会で名刺交換したり、プレゼンをしたり、サービス説明会を開催したり。
自分の仕事を知ってもらうために、色々と工夫をされていると思います。

このような交流会や説明会、体験会で次々と予約や申し込みにつなげることができる人とそうでない人がいらっしゃいます。
この違いは何だと思いますか?

クロージングを意識していない

起業当初の私もそうだったのですが
説明はできても、クロージングができない方も多く見受けられます。

というより、説明すれば分かってもらえる、だからもれなくしっかりと説明しなければいけないと思い込んで、必死で目の前の人を捕まえて長々と説明をしてしまうんです。

予約に繋がらない人は、説明だけで、目の前の人の背中を押すことができていません。

サービスを説明して
「さぁ、あとはあなたが決めてね!」
というのは、相手を尊重して親切なようですが、実は不親切です。

自分で決めるには勇気がいります

自分では決めることができずに迷っている、勇気を出すために引っ張って欲しいという人がたくさんいらっしゃいます。

誰でも新しいことを始めたり、新しい世界に入って行くには勇気が必要です。
お金を払って新しいことを始めたい、でも自分にできるかどうか不安という気持ちで揺れ動いておられます。
そこで、勇気を持って踏み出せるようにぐいっと手を引いてあげましょう。

一緒に新しい世界に踏み出そうよ!新しい体験を楽しもうよ!という気持ちで誘ってあげて下さい。
心を込めて誘うことができるかどうかは、お申し込みいただいた方に「しっかりと結果に繋げますよ!」という覚悟があるかどうかも影響します。

うまく誘うことができない方は、自分の中に不安がありませんか?
「この人がお客様になられたら、キチンと結果を出せるかな?」
「私のサービスで満足してもらえるかな」
「強引に思われて、悪い噂が立ったらイヤだな」

自分の中に不安や迷いがあると、お客様もそれを見抜かれます。

イベントで体験してくださった方、説明会に来てくださった方は、興味を持って下さっているので、中途半端な遠慮はせずにしっかりと熱意を伝えていきましょう。
自分が良い!と思った商品、サービスなら、まず自分自身が信じて勧めて行きましょう。
自信を持って勧めることで「この人なら大丈夫」と思ってもらえます。

クロージングが苦手という方は、自分の売り方が分かるわくらく起業塾にお越し下さい。
自分のやりたいことが明確になって、覚悟が決まります!

「わくらくってどんなところ?」と、ご興味を持たれている方

まずは入会説明会にお越しください。

TEL / 06-6264-5030(受付時間:平日9:00〜18:00)