華蓮さん古稀パーティーレポート(フィナーレ編)

2017.9.10

ブログ

2017年9月7日に開催した華蓮さん古稀パーティーレポート第4弾(フィナーレ編)です。

第1弾 準備編
第2弾 開宴編
第3弾 余興編

最後はロングドレスに着替えて登場。

ロコモーションの音楽に合わせてみんなが次々と繋がっていきました。

 

楽しいこと大好き!みんなで楽しみましょう!という華蓮さんらしい演出です。
ロコモーションのPOPな音楽に合わせて繋がりながら体を動かしていると、みんな自然と笑顔になり楽しさが湧き出してきます。

華蓮さんと一緒にこの演出を考えて下さった植田さん(華蓮さんの後ろの男性)はこの日のために紫のジャケットを特注で作られたそうです。男性もおしゃれして参加して下さった方が多かったです。

 

ロコモーションで会場が一体となった後は、最後に華蓮さんの挨拶。。。のハズでしたが、サプライズで息子さんからのお手紙を用意しました。

最初の華蓮さんの挨拶では「次男を出産した直後に夫が脳卒中で倒れ、女手一つで息子二人を育てるのは大変だった」ということを話しておられました。
息子さんからの手紙には、どんな時も側にいて尽くしてくれたお母さんへの感謝の気持ちが綴られていて、家族の絆を感じ、会場が優しい感動に包まれました。

そして、華蓮さんよりみなさんへ感謝の挨拶。
これからは品格の紫の時代を生き、日本文化を素晴らしさを伝える活動に取り組まれます。
また、心身ともに健康な華蓮さんですので、次は120歳の大還暦を目指したいと。
「50年後にみなさん元気でお会いしましょう!」

まだまだ華蓮伝説は続きますね。

参加者を代表して、泉州水なすの会を一緒に運営する村田あやこさんと、着物のコーディネート、着付けを担当された中野宣子さんより花束贈呈。

会場中央に集まって記念写真
ドレスコードがサムシングパープル、何か紫のものを身に付けてお越しくださいと案内したので、紫のドレスの方が多く華やかで艶やかでした。

記念写真の後は、スタンドバイミーの音楽と共にみんなが作った花道を華蓮さんが通り抜けられました。

途中でCDの音源が切れたのですが、会場からは自然とスタンドバイミーの大合唱が始まり、参加者全員がこのパーティーを作り上げていました。

180名を巻き込み飽きさせない華蓮さんの魅力が十分に発揮された古稀パーティーでした。

次はどんな華蓮さんを見せてもらえるのでしょうか。楽しみですね。

ちなみに、華蓮さんが5年前にビジョン発表会で語られた「個性ある人生をクリエイトするヒント」も、今見直してみると感慨深いです。(YouTube動画にリンクしています。)

古稀パーティーレポート(サポート編)に続く

 

◆古稀パーティーレポート
1.準備編
2.開宴編
3.余興編
4.フィナーレ編
5.サポート編

「わくらくってどんなところ?」と、ご興味を持たれている方

まずは入会説明会にお越しください。

TEL / 06-6264-5030(受付時間:平日9:00〜18:00)