自分に自信が持てる「できたことノート」勉強会 自己肯定感の高め方(7/6)

自分の好きなことを行動に移そう、チャレンジしてみよう!と思っても「自信がない」「自分がやっても良いんだろうか?」とブレーキが掛かって行動に移すことができない時があります。

踏み出す時には不安もありますよね。そんな不安やネガティブな感情とも向き合いながら、自分が出来ること、自分だから出来ることを見つけて自信につなげてみませんか?

今回、行動変容の専門家 永谷研一さんをお招きして「よい習慣」を無理なく身に付ける「できたことノート」勉強会を開催します。

私は3年前、永谷さんの「絶対に達成する技術」を読んでとても感動しました。やりたいと思いながらなかなか行動に移せないこと、ためらっていることをどうやったら行動に移せるか具体的に説明されていたからです。
このやり方をみんなに伝えたら、自分が納得できる、自分自身が楽しめる働き方、生き方につながるはず!!!と思い、特別に永谷さんをお招きする機会を作ることができました。

自分に自信をつける方法について、永谷さんから直接お話を聞ける機会ですので、ぜひぜひ都合をつけてお越しください!
7月6日午前は都合がつかない方は、7月5日18時半~20時に関西ベンチャー学会にて同じ内容を開催しています。

【テーマ】
自分に自信が持てる「できたことノート」勉強会 自己肯定感の高め方

【内容】
・目標達成のための行動習慣化「PDCFAサイクル」5つの技術
・できたことの見つけ方(Happy、Number、Personメガネ)
・自分と向き合う、内省のための4つの要素
・行動力をアップする、クリティカルシンキング手法
・ありたい姿を見つけるためには

【講師】
株式会社ネットマン 代表取締役社長 永谷研一氏

【日時】
7月6日(木)10:00~12:00
その後、お弁当付き懇親会も予定しています。
(7月5日18時半~20時にも同じ内容を関西ベンチャー学会で開催しています。)

【場所】
わくらくセミナールーム

【定員】
25名(先着順)

【発表者プロフィール】
発明家、株式会社ネットマン 代表取締役社長
NPO法人 学習分析学会 副理事長
情報コミュニケーション学会 評議員

1966年静岡県沼津市生まれ。東芝テック、日本ユニシスを経て1999年株式会社ネットマンを設立。
2001年より学校教育においてケータイ端末を活用した「アクティブラーニング」を手がけるICT活用教育のパイオニア。企業向けには行動変容を支援するITシステムを考案・開発し、日米で特許を取得する。三菱東京 UFJ 銀行や楽天、日立グループなどの企業の人材育成において12000人以上の行動実践データを分析し、目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発、130社に導入される。
地元で科学の実験教室のボランティア活動をする4人の父

著書:『絶対に達成する技術』、『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』、『1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート』等

参考株式会社ネットマン http://netman.co.jp
学習支援システム C-Learning http://c-learning.jp
行動変容システム PDCFA http://pdcfa.jp
できたことノート http://dekitakoto.jp
永谷研一公式サイト http://sotogaku.jp

【参加費】 
わくらく会員 無料、 一般 2,000円
お弁当付き懇親会に参加される方は 1,000円

お申込みはこちらからお願いします。

「わくらくってどんなところ?」と、ご興味を持たれている方

まずは入会説明会にお越しください。

TEL / 06-6264-5030(受付時間:平日9:00〜18:00)