お客様に合ったメニュー作れてますか?

起業する醍醐味の一つに、メニュー・商品名や金額を好きなように決めれることがあります。

自分はこんなこだわりがある、他と違う!と思っているのに、メニューや商品名が他と同じになっていませんか?

例えば
・アロマトリートメント
・タロット占い
・カウンセリング
・コーチング など

このままだと他との違いはお客様にはわかりません。

誰に向けたメニューなのか、考える必要があります。

ここで重要なのが、お客様像を明確にすること。
一人の人間を思い浮かべるんです。

 

お客様像(ペルソナ)を考える

アロマトリートメントを受けてほしいお客様
33歳独身女性、大阪市北区に1LDKに住んでいて、職業は看護師。
休日は猫カフェに行くのが好き。仕事が忙しいので、自分の時間はゆっくり過ごしたい。
最近はオンラインで友達と交流している。
悩みはストレスがかかって眠りが浅い、疲れがとれないこと

こんな方にアロマトリートメントをオススメするとしたら?

そうやって考えていくんです。

今までの経験(強み)×お客様の悩みをメニューにする

さらに、あなたの今まで培ってきた、経験や資格を使えないか?
昔、医療機関に働いてたので気持ちがわかる、そんな経験があるのなら

・眠りが浅い、疲れがとれない看護師の方向け
アロマトリートメント熟睡コース

例えばこんなメニューはいかがでしょうか。
自己紹介のところに、医療機関で働いていたことも記載があれば、共通点があり、信頼もされると思います。

このように、サロンに来ていただきたいお客様は具体的にどんな人なのか、イメージすること
その人がどんなお悩みがあり、どんなニーズがあるのか、自分の経験(強み)とメニューを掛け合わせできないかを考えていくと、オリジナルのメニューが完成します。

出来上がったメニューは試してみて、改良することがあるかもしれません。
わかりにくいメニューだったかな?
ニーズは案外違う人だったかも?

繰り返し繰り返し試せるのも、自分で起業したからこそ自由です。

わくらくでもお客様像やメニュー作りのワークシートをご用意しています。
ぜひご活用ください!

 

 

 

「わくらくってどんなところ?」と、ご興味を持たれている方

まずは入会説明会にお越しください。

TEL / 06-6567-8525(受付時間:平日9:00〜18:00)